スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちのかわいいコ♪ 

大掃除、始めてますか?
いつも、早くから始めて、12月はゆっくりしよう~と思っているのに、やっぱりまだ手をつけられずにいます、こんにちは。
明日からは、どこか1か所でも、大掃除となる掃除をやりますぞっ
一応、気合を入れてみる。


うちの中で一番大きい観葉植物・・・、エバーフレッシュちゃん。
もうすぐ私の背丈を越しそうです(ちなみに、身長は158cmデス)。
どうでも良いプチ情報~。

11-6am.jpg11-6pm.jpg

マメ科の植物だそうです。
子供の頃、よく触って遊んだおじぎそうのように、葉っぱを閉じるんです。
でも、触ったから閉じるのではなく、朝~夕方まで葉っぱが開いていて、夜になると葉っぱが閉じるんです。
オヤスミになられるようです・・・、ハイ。
実際は、葉っぱを閉じて、水分の蒸散を調節しているようです。

植物はみんな生きているのですが、動きもしないし、1日ぐらいではあまり変化が見られないけど、エバーフレッシュちゃんは、こうやって、毎日葉っぱを開いたり閉じたりしているので、「あぁ~生きているんだなぁ~」なんて、しんみりと思っちゃいます。

植物って、自分で動けないから、そこで病気が流行ろうとも、そこで、悪い虫が発生しようとも、逃げられません。
だから、自らそれに立ち向かう力をつけていって~、そして私たちは、そ~れ~らの力を利用させてもらってるんですよね~、漢方だとかハーブ療法って・・・。
あぁ~、やっぱり好きだなぁ~、植物が・・・。

何か私変です、ちょっとシンミリしてます・・・。
秋だからですかね~。

スポンサーサイト

エコプラント 

あ~、暑いですねぇ~
今朝TVで、まだ梅雨明けしていないことを知りました(大阪)・・・
もうとっくに明けていると思っていた者です、こんにちは。
ブログの記事を30分もかけて書いていたら、画像アップロード中に記事が消えてしまいました
長々と書いた日に限って、下書き保存をしていなかったなんて・・・。 
NEWパソだったから油断してました・・・。
前の98はよく途中で固まって、強制終了・・・だったので、小まめに保存を徹底していたのにぃ・・・

そのPCの台にと思って、天然木の小さいテーブルを買ったのです(前はノートPCだったため、ダイニングテーブルに置いてました)が、箱を開けてみると「ホルムアルデヒド吸着シート」なるものが一緒に入っていました・・・。
まぁ、そりゃそうですよね~、接着剤や防虫剤を使っていますよね・・・きっと。
ということで、吸着シートでは取りきれていないものもあるだろうと・・・、だって嫌~な臭いしてましたもん・・・、植物さんの力をお借りしようと思い、ホルムアルデヒドを除去する作用の大きい「ボストンタマシダ」を探していましたら、やっと見つけることができました!! しかも値引きされていた・・・

tamashida-b.jpg


ということで、今日はエコプラントについて・・・

建物や家具に使われている、防腐剤、接着剤、防虫剤として使用された揮発性化学物質に含まれる有害物質(ホルムアルデヒド、アンモニア)によって、目やのどの痛み、呼吸器の不快感、アレルギー症状などが出ることがあります。(→シックハウス症候群)
ホルムアルデヒドは国際がん研究機構によって発がん性が指摘され、WHOや厚生労働省が使用にあたっての指針値を設定しました。

   うちの母親はまさに、シックハウス症候群なのか、リフォーム直後にこのような
   症状が出ました。

NASAで植物の浄化についての研究が行われていて、1984年に植物がホルムアルデヒドを除去したという研究結果を発表しています。
その後も研究は続けられ、ホルムアルデヒドやアンモニアなどの有害物質を除去する働きの高い植物についてもわかってきました。
それらの植物を「エコプラント」と名付けたのです。

ホルムアルデヒドを除去する作用の大きいもの↓
ボストンタマシダ(ボストンファン)、シンノウヤシ、アオワーネッキー、ポットマム、ガーベラ
アンモニアを除去する作用の大きいもの↓
ホマロメナ・バリシー、カンノンチク、カラテア、アンスリウム、コヤブラシ
(参考資料:「エコ・プラント」B.Cウォルヴァートン/主婦の友社)

学生の頃、植物は空気を吸って、酸素を放出すると習いましたが、まさか化学物質まで吸ってくれているとはっ しかもそれを浄化してきれいな酸素を出してくれていたのですね。
ますます、緑化運動を応援しなければっと思いました。
吸収された化学物質は、土に運ばれ、土の中の微生物が分解するそうですよ。
上に挙げたエコプラント以外に、除去する有害物質によって、他にもたくさんの種類のエコプラントがあります。
観葉植物を選ぶ際に、エコプラントのことも気にしてみて選んでみてはいかがでしょうか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。