スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よく噛んで食べましょう~、そしたらね・・・ 

今日、図書館に予約していた本を取りに行ったら、休館日だった・・・
毎週月曜日が休館日だと思っていたら、月末の木曜日は本の整理日でお休みだって・・・、知らなかったさ・・・
まぁ、今日は暖かったし、ちょうど良いお散歩だったけど・・・、でも、明日必ず取りに行かないと、予約している全部の本が予約取り消しになっちゃう・・・。
明日はだというのに・・・。
あと400人も待っている「流星の絆」とか、あと10人待ちぐらいになった「偽善エコロジー」、今取り消されるわけにはいかないっ

**************************************

体内に入った有害物質は、腸管や肝臓で解毒されますよね。
それ以外で毒素を分解する働きをするものが、「唾液」なんですって。

唾液には、自然に出る無刺激唾液と、食べ物の刺激によって出る刺激唾液があって、この刺激唾液には消化酵素以外に、たくさんの酵素やビタミン、ミネラルが含まれていて、そのなかに、細菌を殺したり、ウイルスに反応する種々の免疫抗体や、活性酸素を除去する作用があるとのこと。

唾液には、このような作用があるので、よく噛んで食べると、唾液の分泌がさかんになり、毒消し効果が高まるようです

また、ホルモンの分泌が活発になり、脳の神経も活性化するので、記憶力の向上、痴呆症や糖尿病の予防、ストレスの発散などにもつながるとのこと。

最近の人は、戦前、戦中の世代に比べて咀嚼回数が半減しているといわれているようですが、有害物質の危険性は、昔より高まっているので、まずは、「噛むこと」で毒消しをして、あとは、腸と肝臓に頑張ってもらいましょう~ ってことかしら?

安全な食品ばかりだとこんなことは考えなくてもよいんでしょうけどもねぇ・・・、安全なのか怪しいものが多いので・・・

防菌・防かび剤って、菌、かびを防ぐ良いものだと思っていたら、これも有機水銀化合物といって、体に良くないモノなんですね・・・、繊維製品に使われていて、赤ちゃんのおむつにも・・・!!
菌やかびがつくほうが、良いということなのか・・・?!



↓何が良くて、何が悪いのか・・・、よくわからなくなってきました
↓今日ももポチっと・・・ご協力、よろしくお願いします☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ

スポンサーサイト

布ナプキンのお手入れ方法 

昨日すごい濃霧でした。
ウォーキングをしながら、あぁ・・・山の匂いだと思っちゃいました。

12-10kiri.jpg


・・・布ナプキンのお手入れ方法・・・

1.使用した布ナプキンは、吸収した経血を水で洗い流す。
ゴシゴシこすると生地がすぐに傷んでしまうので、こすらずに、経血が出なくなる程度まですすぐだけ。
注意:熱いお湯で洗うと、血液が固まってしまい落ちにくくなるので、水またはぬるま湯で洗うこと。

2.つけ置き用のバケツに、*1アルカリウォッシュを小さじ1/2、と殺菌効果のあるティートゥリーの精油を、アルカリウォッシュの上に1~2滴入れ、2.5ℓほどのお水を入れて混ぜる。
精油を入れるのは、血液の嫌な臭いを消すため&殺菌効果のためです

3.バケツにすすいだ布ナプキンを入れて、1晩程度つけておく。

4.布ナプキンを軽く絞って(すすがなくて大丈夫)ネットに入れ、他の洗濯物と一緒に洗濯機へGO
注意:吸収力を弱めてしまうため、柔軟剤は使用しない。
うちは全自動洗濯機なので、最後のすすぎになる前に、布ナプキンだけを取り出し、手ですすいで脱水をしています。


*1アルカリウォッシュ・・・重曹と炭酸塩の中間の物質・セキス炭酸ソーダでできている弱アルカリ性の洗濯用・住居用洗剤。

布ナプキンを使用後、すぐに水洗いできず乾燥してしまったものをつけ置きする場合は、アルカリウォッシュを多めに入れるときれいに落ちます
だいたい、2.5ℓのお水に対して、アルカリウォッシュ小さじ1/2で落ちたのですが、ちょっと汚れがひどいなぁ~と思うとき、月経の終わりかけでサラッとした経血でなく、カピカピのような・・・、水ですすいでもなかなか落ちないようなやつは、アルカリウォッシュを多めに入れると良いです。
私も、毎回小さじ1/2と量っているわけではなく、適当です
ただ、どれぐらいの量で落ちるか・・・と実験してみたら、最低小さじ1/2だったのです。

私のつけ置きバケツは、見た目も重視、臭いもつきにくい蓋つきの琺瑯のバケツです。
蓋はついていないと、中身丸見え!ご主人ビックリになっちゃいますよ~!

洗面所に置いておいても、オシャレでしょう~
自己満足の世界・・・

12-11baketsu.jpg

では、素敵な布ナプLIFEを~


↓布ナプキンを使う人が増えて、ゴミも減って、女性が健康に生活できるようになればいいなぁ~。ランキングに参加しています。ポチっと・・・ご協力、よろしくお願いします☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ

布ナプキンを使った感想・・・ 

布ナプキンのすすめ・・・その1その2その3・・・と長々とお付き合い下さり、どうもありがとうございます。

今日は、私が布ナプキンを使った感想を正直に書こうと思います。
私は、婦人科系の悩みを結構持っていました
まず、生理の量が異常に多い、生理痛が酷い、レバーの塊みたいなのが出てくる・・・、これだけをネットで調べると、早急に婦人科へ行ってください・・・なんて書いてあるんですよね~。
そりゃ、私だって病気は嫌なので、行きましたとも・・・
でも、婦人科検診をしてもひっかからなかったんですよね~。

そして、ひたすら検索の日々
そしたら、「冷え」が大きな原因じゃないかということがわかりました。
そう、私は極度の冷え性・・・

まず、ケミカルナプキンは子宮を冷やすということ、布ナプキンは冷やさないということがわかったので、布ナプキンにしようと思いました。
布ナプキンのサイトを見ていると、「生理痛がなくなった」、「生理の量が減った」、「かゆみがなくなった」・・・と良いことづくめのことが書いてあり、使ってみることにしたのです。

そして2年ほど使ってみた結果。

1.生理痛→軽くなった。
全くなくなったわけではありません、私の場合、糖分を摂り過ぎた月、クーラーを使ったりととても冷えた月・・・は鎮痛剤を飲まないといけないぐらいの痛みがあるようですが、そうでない月は、鎮痛剤とおさらば~できました。

2.レバーみたいなやつ→量が減った、大きさが小さくなった。
これは一体何ぞや・・・ですが、やっぱり、ない方が良いみたいですよねコレ。
このレバーみたいなやつの正体を知っている方がいらっしゃったら教えて欲しい~。
ケミカルナプキン否定派によると、ケミカルナプキンのポリマーなどが揮発することにより、子宮にたまって、それが出てくるんだとか・・・。
まぁ、それは本当かどうかわかりませんけどね。

3.ケミカルナプキンによる、蒸れてかゆくなりヒリヒリするのがなくなった。

4.生理の量→ナプキンにつく量が明らかに減った・・・。
排出される量自体が減ったのか、トイレで排出できる量が増え、ナプキンにつくのが減ったのかわかりませんが・・・。
日中、夜用をしていても、モレモレになっちゃうような人だったんです・・・私
し~か~も、会社で仕事中にモレモレになったこと2回・・・
夜は夜で、夜用のさらに後ろ(お尻側)に普通のナプキンをしていても・・・、モレモレ・・・
こんな私は、布ナプなんかにしたら、おしめぐらい必要だわ・・・なんて思っていました、いや、本当に。

しかしですね、骨盤底筋体操とかそんなのする前に、布ナプにかえただけで、数ヶ月後には減ったんです。
初めは不安でしたので、夜用のケミカルナプキンの上に、布ナプをひいて、そこから始めました。
日中も、ケミカルの上に布ナプ・・・と、そしたら、3ヶ月後ぐらいから、徐々に減ってきて、今では、1番ひどい1日目に、2時間おきぐらいにトイレに行って、3~4時間おきに布ナプを取り替えるという状態です。
もう、2日目からは減りつつあります。
1日目にダァーっと出ちゃう感じです。
3日目は、布ナプを1枚取り替えるぐらいじゃないかなぁ・・・。
そんな1日目も、生理が始まる時間によってかわるのだと思いますが、夜中も1枚も取り替えることがないときもあります。
でも、自然と目は覚めて、オシッコに行きたくなくても、トイレに行きたい感覚で、そしてトイレに行くと、経血がダァーっと出ます。
ちなみに今は骨盤底筋を鍛える体操もやっています、だからだと思います。
それまでは、やっぱり布ナプにつく量もわりと多かったですから。

とまぁ、こんな感じです。
布ナプにかえても、皆が言ってるように、ナプキンにつく量があまり減らないなぁ・・・と思ったら、骨盤底筋が緩んでいて、トイレでの排出ができていないということかもしれませんので、そこを鍛える体操と併用すれば、かなり改善されると思います。

不安なときは、布ナプの上に、不要になったTシャツやタオルを切ったものをしいたり(ゴミは出ることになりますが)して補強すれば、問題ないですよ。
実際、私も慣れるまでや外出や仕事中など不安なときは、やっていました。

使い始めに、色んなタイプを揃えてみました。
羽つきバージョン・・・、ショーツに固定するのでズレの心配はありません。
この上に、パッドなどをしいて、それを取り替えます。
ただ、ケミカルナプキンのように、羽のところにモレてきてすばやく吸収というわけではありませんので、おパンツにつきます・・・、モレることもあります。

↓柄があるほうがおパンツに当たる方。
結構かわいい柄のものが多いですよ~、選ぶのに迷います
年がいもなくピンクなんぞ買ってみましたわ・・・。

12-9nunonapu2.jpg

12-9nunonapu3.jpg 12-9nunonapu4.jpg

たたむとケミカルナプキンのような大きさになります。

でもね、結局、私はコレ↓

12-9nunonapu1.jpg

ただのハンカチみたいな四角いやつを愛用。

写真の右端のやつのように、三つ折りに折りたたんで使うのですが、折り方をかえて、汚れた面を中にして、きれいな面を出せば、布ナプを取り替えなくても何回か使えるんです。
布ナプを使い始めた頃は、量も多く、面をかえることもなく、ナプキン自体を取り替えなきゃいけない状態だったのですが、今は、布の面をかえて使用できるようになりました

継続は力なり・・・ってことでしょうか・・・。

あぁ・・・、今日も長くなってしまった
読んで下さった方、目大丈夫ですか~?

本当は一緒に書こうと思ったのですが、非常~に長くなりましたので、明日「布ナプのお手入れ方法」を書きます。


↓非常に長い記事を読んでいただき、本当にありがとうございます。
ランキングに参加しています。ポチっと・・・ご協力、よろしくお願いします☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ


布ナプキンのすすめ・・・その3 

布ナプキンのすすめ・・・その3の続きです

布ナプキンの良いところに、月経血のコントロールができるようになるということがあります。
月経血のコントロールとは、尿や便のように、月経血をトイレで排泄できるということです。

排尿、排便のコントロールをしているのは筋肉です。
その2つの間にあるのが膣なので、ここも同じ筋肉でコントロールできるはずなのです。
昔々には、ケミカルナプキンという優れたものはなかったので、綿をあてていたり、丸めた綿を詰めていたようです。
そして、漏れないように常に膣を締めていたそうです。
締めておかなければ、着物を汚すことになってしまうので、常に緊張感ももっていて、相乗効果があったようです。
他にも、雑巾がけの掃除、正座をする習慣、和式トイレの利用・・・だとかで、そこの筋肉(骨盤底筋)が常日頃から鍛えられていたのです。

しかし、今は、雑巾がけはしない・・・、立ったままモップ・・・ですよね、イスに座る習慣になってきて正座をしなくなっている、和式トイレは洋式に・・・ということで、骨盤底筋は緩んでいくばかりなんですって。

ですので、現代人も昔の人のように、骨盤底筋を鍛えれば、月経血コントロールができるようになるらしい・・・。
その鍛え方は、骨盤底筋、ゆる体操・・・などで検索をされると出てきます。

ちなみにゆる体操は、
「女は毎月うまれかわる」 著・高岡英夫 ビジネス社から出版されている本に載っています。
私これも図書館で借りました。
そして、ゆる体操のページをコピーしました・・・。
またまた、買えよ・・・って?

骨盤底筋を鍛えても、垂れ流しで良いんだよ~という状態ではダメだそうです
布ナプキンにして、経血が出た→濡れて気持ち悪い(不快感)→出ないようにしよう・・・、出る前にトイレへ行こう!とならないといけないので、ケミカルナプキンだとダメだそうです。
赤ちゃんのオムツと同じですよね・・・
布オムツのほうがオムツがとれるのが早いと言われているようなことです。

実際、私の知人は、この月経血コントロールができるようになったらしいです
きっと、もともと骨盤底筋も鍛えられていた人なんでしょうね・・・、布ナプにして1年もたたないうちにできたそうです。
夜中は、全く出ないようで、日中も「あ、トイレに行かなきゃ」って思って、トイレに行って経血を出すので、布ナプキンはほとんど汚れないそうです。
羨ましい・・・。
クシャミが出たときには、ふっと気が緩んで出ちゃうらしいですけど・・・。

そうそう、骨盤底筋を鍛えていると、尿もれもしないらしいですよ。
尿もれ(病気などは除く)は、骨盤底筋が緩んできて起こるようですので、日ごろから鍛えられている人は、将来、尿もれが起こらないそうです・・・。
最近、尿もれパッドのCMよく見ますもんね・・・、それだけ現代人には増えているということらしいです。

出産前の方は、骨盤底筋を鍛えていると産後、体型が戻るのが早いということもあるようです。

明日は、コメントで質問もありましたので、私が布ナプキンを使った感想と一緒にブログを書きたいと思います。
とりあえず、布ナプキンのすすめはここでおしまいです
長々とお付き合い下さり、ありがとうございました。

12-7koyo.jpg


↓ランキングに参加しています。ポチっと・・・ご協力、よろしくお願いします☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ

布ナプキンのすすめ・・・その2 

布ナプキンのすすめ・・・その1の続きです

私がフィトテラピストになるために勉強をしていたとき、授業で「経皮吸収」というのを習いました。
簡単に言えば、皮膚からの吸収です。
アロマオイルやハーブを皮膚から吸収させるために必要な勉強です。
その経皮吸収を勉強していたとき、皮膚は「良いものも、悪いものもすべて吸収する」と知りました。
特に、皮膚の薄いところや、粘膜は非常によく吸収するとのこと・・・。

ですので、今、目の際というのでしょうか、まつげ、下まつげギリギリのところにアイラインを入れるの流行っていますよね・・・、目が大きく見えるだとか・・・、あれ、やめたほうが良いです・・・。
天然色素で無香料などのものでしたら、まぁ・・・とは思いますけど。
化学物質たちが、ものすごーく吸収されていますよ。


そう、悪いもの・・・。
この悪いものが皮膚や粘膜から吸収されることを一時流行った「経皮毒」というのです。
経皮毒については、非科学的とのことで賛否両論があるようですが、皮膚からの吸収について勉強した者としては、その作用を目の当たりにしているので、全く非合理的な話ではないと思っています。
もちろん、ケミカルナプキンだけではないですけど。

ケミカルナプキンに使われているたくさんの化学物質・・・。
化学物質は揮発(液体が気体となって蒸発していくこと)していっています。
生理の血によって、濡れたナプキンの化学物質が揮発して、粘膜である膣や子宮に吸収されるのです。
そして、悪いもの=毒は体にたまっていく→体内で悪さをする=病気になる・・・というわけです。
怖くないですか?

ちなみに・・・
腕の内側の皮膚の経皮吸収を1としたら、子宮の経皮吸収は42倍、頭皮は3.5倍、背中17倍、あご13倍、額6倍、脇の下3.6倍、手のひら0.83倍、かかと0.14倍だそうです。

というわけで、体に悪いな・・・と思い、布ナプキンに替えました
初めは不安だったので、残っているケミカルナプキンと併用で・・・、そして今は、布ナプキンONLYです。
もう、使い始めて2年たちました
そしたらね・・・、ゴミは出ないし・・・、これってエコだっ
自分の体のために・・・でもあるし、地球のために・・・でもあるんだと気づきました

人は地球と共存しているのだから、自分の体を守るためだけでなく、その土台の地球も悪くならないように気をつけなければいけないんだな・・・と改めて思ったのです。
そして、その時から、私のエコ生活が始まったのでした

この話、まだ続きます・・・、飽きてきました?
もう少しお付き合いくださいませ。
布ナプキンのすすめ・・・その3へ続く。

文章だらけで疲れた目を休めるために・・・↓

12-6koyo.jpg

もう散っちゃうね~、さびしい~


↓ランキングに参加しています。ポチっと・・・ご協力、よろしくお願いします☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。