スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生理のときに、私が飲むハーブティー その2(ウイキョウ、西洋ノコギリソウ) 

夕方はひどい雨でした
ワンの散歩から帰った途端、大雨が降ってきました
今年は夕立ちというより、何だか変な雨ですよね~、これも地球温暖化と関係しているのでしょうか。

本日2回目の更新。
私のグリムスちゃんのために頑張りまっせ~ なんちゃって。
ウイキョウとノコギリソウのことを書いておかないと忘れそうなので・・・。

前の記事はコチラ

ウイキョウ
英名:FENNEL / 和名:ウイキョウ、フェンネル / 学名:Foeniculum vulgare
科目:セリ科

葉は、魚料理によく用いられる。
代謝を促進する、便秘解消。 腸内にたまったガスを出す。
母乳の出がよくなり、月経を正常化する。

注意点:長期使用はしない、てんかん患者には使用しない。
種子には毒性があるので、多量使用はしない。


西洋ノコギリソウ
英名:YARROW、MILFOIL / 和名:セイヨウノコギリソウ、ヤロウ
学名:Achillea millefolium / 科目:キク科

生の葉は、止血効果があるので傷口に貼りつけて使用。
血管壁を強化し、血行を促進する。
月経の周期を整え、月経過多を治し、月経痛を和らげる。

アキレスが傷の治療に使用したと言われているハーブで、学名にAchillea(アキレスのこと)とついている。
葉の形がノコギリに似ていることから、ノコギリソウと言われています。

以前、無農薬のノコギリソウの苗を取り寄せたのですが、なかなか育たず、全滅にはならないものの全然大きくなりません
しかもこの花はあまり手がかからないので、ほっておいても育つ・・・と言われているんですけどね・・・。
うちの土が悪いのか、鉢が小さくて栄養が足りないのか・・・。
万能なので、大活躍してもらうはずだったのに・・・。

いつか、ここでノコギリソウのお花の写真を載せられるといいなぁ~。

スポンサーサイト

生理のときに、私が飲むハーブティー その1(キンセンカ) 

近所のあちこちで、萩の花が咲き始めました。
すっかり秋ですねぇ~

月経が起こる1日前から起こる月経痛は、骨盤内のうっ血が原因と考えられます。
月経が起こってから起こる月経痛は、子宮の異常な緊張、またはその機能不全によるものと考えられます。

月経痛をやわらげるためには、まず、血流を良くしてあげることが大切です。

何が原因かはわかりませんが、(きっと、その月に砂糖を摂り過ぎた?とかで血流がものすごく滞ってるのではないか?と勝手に考えています。)非常に激痛の時は鎮痛剤を使用しますが、我慢できそうな痛みの場合は、ハーブティーで頑張ります

ウイキョウ、キンセンカ、西洋ノコギリソウのブレンドティーです
300ccのお湯にひとつまみずつ入れますが、ウイキョウはくせがあるので、量を減らしたほうが飲みやすいです
お湯を入れて5分ほどで飲みます。
5分以上置くと、キク科がもっている苦味が出てきます。

9-5herbーb

キンセンカ
英名:MARIGOLD / 和名:キンセンカ、マリーゴールド / 学名:Calendula officinalis
科目:キク科

殺菌作用、解毒作用がある。
その殺菌作用は、痒みがあり炎症のある肌に優れていて、感染症の広がりを防ぎ、治癒力を高める。
主成分にカロチンが含まれているので、体内でビタミンAになり、皮膚や粘膜を修復、保護するため、胃炎や大腸炎などの粘膜の炎症の改善にも用いられる。
穏やかなエストロゲンの様な作用があるため、月経痛を和らげる。

キンセンカに少しのお湯を垂らして、すり潰したものをニキビの上にのせて、しばらく置く(パックのように)とニキビの治りが早いです。

学名のCalendula(カレンデュラ)とは、カレンダーを表し、周期に関するものに良いと言われており、月経不順の周期を整えます。

注意点:キク科アレルギーの人

昔々、農家では天気を予想するのにも、このお花が大活躍していたそうで、日の出前に、お花が咲いていたら晴れ、閉じていたら雨と言われていたそうです。
キンセンカを育てていないので、自分の目で確認したことは、残念ながらありませんが

ウイキョウと西洋ノコギリソウは、また今度

種ができたよ~ 

最近の赤ちゃんたちは、「てんかふん」とやらはつけないのでしょうか?
姪っ子がよく汗疹になるらしく、「てんかふんつけないの?」と聞いたら、「てんかふんをつけると汗腺が詰まるからつけたらアカンねんて~」とのこと。

え~、そうなの?そうなの?

私が赤ちゃんの頃、めっちゃ「てんかふん」つけられたってばー!!
夏の写真なんて、首のとことか白いってばー!!
うちの母も、「いっぱいつけたよ~」と。
私、めっちゃ汗かくんですけど・・・。
汗腺詰まってる気配がないんですけど・・・
「てんかふん」をつけられたから、汗腺が「うぉ~、詰まるやんけ~!!」と、余計に発達したのでしょうか?

毎日暑いですが、うちのバジルちゃんは元気モリモリです。
今年の5月に買ってきたバジルちゃんは、お花が咲き、今日、種が取れました

8-5basil1-b.jpg

このバジルちゃんの子供が、トマト缶で育っている二代目(子株)で、今、食用となってます♪
で、その二代目から、また挿し芽で増やそうと思い、今は三代目(孫株)が鉢に植えられるのを待機中。


8-5basil2ーb

元々のバジル(親株)は、葉はもう枯れてきているので、種を取ったらお役御免ですね・・・。
三代目が大きく育つ頃まで、二代目は元気にいてくれるでしょうか?
順々にお役御免になっていきそうな感じがしますが、果たして夢のバジルペーストは完成するのでしょうか?
う~ん、微妙・・・

ローズヒップとハイビスカス 

そう言えば何年か前、実家で「ゼライス」(ゼラチンパウダー)を見かけました。
ゼリーでも作っているのかな?と思って、母親に聞いてみると、「あ~、それ、コーヒーに入れて飲んでるねん。」ですって。 ・・・
何でも、コラーゲンを取るための簡単な方法だとか・・・。
これも、世のオカーサマたちを虜にする、みのもんたサマの番組でやっていたのでしょうか???

その後、母親のお肌がプリプリになったのかというと、そうでもなく・・・、そしていつの間にか、ゼライスは実家から姿を消しておりました。

私は、昨日のゼリーをどうやって美味しくいただくか・・・、そればかりを考えておりました。
そして思いついたのが、炭酸水を入れてみよう作戦

juice.jpg


見た目は美味しそう~、ですが、やっぱりお味はイマイチ
いや~、これもですね・・・、まずくはないんですよ、まずくは・・・。
なんせゼリーの味が薄いので、味はスプライト・・・、それをほんのり酸味のあるゼリーと一緒に
食べてるだけじゃないかぁぁぁ!! という味なんです。 ハイ、これも失敗
あと、ティーカップひとつぶん残っているゼリー、どう消費しよう・・・。

私も、ゼライスで無理やりゼリーを作らず、コーヒーに入れて消費すれば良かったかも・・・。


ローズヒップ
英名:DOG ROSE / 和名:イヌノイバラ / 学名:Rosa canina / 科目:バラ科

rose_hips.jpg


ローズヒップは、イヌノイバラの果実です。
ビタミンA・B・C・D・E・Kなどを多く含むので、「ビタミンの爆弾」とも呼ばれています。
特にビタミンCが豊富なため、メラニン色素の生成を防ぎ、シミを予防する効果も期待できます。
また、コラーゲンを生成を促します。
ローズヒップのビタミンCは、熱で破壊されにくいのでハーブティーに最適です。
ローズヒップティーにしたあとのローズヒップにハチミツを混ぜて、ヨーグルトと一緒に食べたりと最後まで食べ切って、ビタミンをしっかり体内に取り込みましょう。

ハイビスカス
英名:ROSELLE / 和名:ローゼリソウ / 学名:Hibiscus sabdariffa / 科目:アオイ科

hibiscus.jpg


観賞用のハイビスカスではなく、食用品種の「ローゼル」というもののガクの部分を使います。
浄化、浄血、利尿作用に優れているので、むくみが気になる人にオススメです。
クエン酸を豊富に含むため、疲労回復効果もあります。

*ビタミンC・・・水溶性ビタミンの1つ。人は生体内で作ることができないので、外部から摂取する必要がある。
コラーゲンを生成するときに必要であるため、不足すると壊血病を起こす。
ストレスや喫煙などで低下した免疫力を向上させる。
鉄分、カルシウム、ミネラルの吸収を促進する。
抗酸化作用があるため、防腐剤として使用される。
ビタミンCは水溶性なので、過剰摂取した場合は尿中に排出される。

*壊血病・・・ビタミンC欠乏症。ビタミンCが不足するとコラーゲンが作られなくなるため、出血しやすくなる。
傷の治りも遅くなるので、感染症にかかりやすくなる。

バジルジュニア~ 

今日、アブラムシまみれになっていたミントの鉢から出てきたチビゲジゲジを3匹しとめました
このミントちゃん、よほど虫とご縁があるようですねっ
そして、実験・・・ 唐辛子スプレーをしてみました。
・・・、ゲジゲジにも唐辛子スプレーは効果がないようです でも、唐辛子スプレーをしたところから逃げるということは、忌避効果はあるんですよね?
ってことは、やはり虫がつく前に、スプレーをしなければいけないということでしょうか・・・。

以前買って来たバジルちゃんが、大きくなり、挿し芽をするためにお水につけていました。

6-28bajil1.jpg


ジャジャーン

6-28bajil2.jpg


こんなに根っこが出てきてフサフサです

というわけで、今日、土に植えてあげました。
トマト缶に・・・。

6-28bajil3.jpg


このトマト缶、7~8年前でしょうか? 友達とイタリア料理やさんに入ったところでいただいたものです。
業務用のホールトマトの缶です。
もらったはいいけど、何に使うこともなく、家に置いていたのですが、役立ちました。
お店の名前も忘れちゃったけど、ありがとう~イタリア料理やさん。
やっぱり、トマトとバジルは合いますね~ ・・・って、缶だってば
うちのベランダは狭いので、トマトを育てられませんが、トマトとバジルはコンパニオンプランツで相性が良いんですよね!! ・・・だから、これは缶だってば

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。