スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミートソースを作ったぞ 

昨日のことですが、バジルの葉を取ろうと、ベランダに出てみると、何やら虫のフンのようなものを発見ーーー
しかも、わりと、デカイ・・・

でも、葉っぱを観察しても、虫の存在を確認できず・・・
いや、いや、いや・・・、こんな大きいフンがあるということは、絶対どこかにいるハズ!!
これ以上の被害を出さないために・・・と、よぉ~く、よぉ~く見てみると・・・

なんとまぁ!!
イチゴの葉っぱの茎になりすまして、イチゴの葉っぱを食べてるじゃありませんかっ、ガッツリと。
葉っぱは丸はげになっていました・・・。
ごめんよ、イチゴちゃん、私がもっと早く気付いてあげていれば・・・
しっかし、まぁ、何の虫か知りませんけど、よく、こんなに立派に育つまで、私をだましていたもんだ。

立派に育ったけれども・・・、SAYONARAデス


私は今まで、ミートソースを作ったことがありませんでした。
実家では、粉のミートソースを使って、母が作っていました。
でも、粉とか缶のミートソースって何が入っているの?と思いませんか?
最近、特に・・・。

でも・・・、どうしてもミートソースが食べたくなり、冷凍庫を見てみると、合びき100gが・・・!!
トマト缶は常にストックしてあるし、前日に使った玉ねぎの半分が冷蔵庫に・・・。
おぉ~、これは私に、ミートソースを作りなさい・・・と言われている気がして、作ってしまいました。

・・・レシピ(覚書)・・・

ホールトマト : 1缶 (400g)
合びき肉 : 100g
玉ねぎ : 1/2個 (大きい玉ねぎだったので)
にんにく : 1片
オリーブオイル : 大さじ1
塩、コショウ : 少々
コンソメ : 1袋 (うちは粉末個装のもの、400ccに対するコンソメ量で良いかな)
しょうゆ : 大さじ1
ウスターソース : 大さじ1
砂糖 : 小さじ1
ローリエ : 1枚

1.お鍋にオリーブオイルを入れ、にんにく、玉ねぎを炒めてから、合びき肉を炒める。

2.ホールトマトと、調味料をすべて入れ煮込む。

10-20gohan.jpg

ミートソースってこんなに簡単にできちゃうんですね~。
しかも、簡単なのに美味しかったので、これからは、かなりの頻度で我が家に登場しそうです・・・。

何で今まで作らなかったんだろう~???

スポンサーサイト

コメント

おはよう~(*^_^*)

ミートソースは沢山作って冷凍すると
本当に使い勝手がいいものね。
ピザに、グラタンに、オムレツにも。。。
あと、チリと豆を足して
チリコンカンってのも美味しいよ~♪
大好き(^^)v

いちごの茎になりすました虫。
ってどんなんだったの~
カメレオンみたいやね。(^^)
バジルは無事でよかったね~♪

ミートソース美味しそうにできたみたいですね~。
私も以前はミートソースは買うものという変な思い込みがあったんです。
でも、友達に手作りのミートソースをもらってからは
やっと「買うもの」という思い込みから離れることができましたよ~。(笑)
そうそう、ミートソースにナツメグをいれるともっと美味しくなりますよ☆

◆kaz sama
なるほど~、一度にミートソースをたくさん作って冷凍!!
とても便利そう、そうそう、kazさんのブログに登場する「チリコンカン」
私も作ってみたいと思っていたんです。
ミートソースとチリと豆があれば、できちゃうんですね( ..)φメモメモ

虫さんは、しゃくとりむしみたいな形で、イチゴの茎にピッタリ、ピーンって
張った状態で口だけを動かして、茎の先の葉っぱをムシャムシャと・・・
ほんと、よーく見て、何か動いてる?!って思って気づきましたもん。
食事中でなく、口が動いてなかったらわからなかったかも・・・^_^;

◆okei sama
ですよね~、私も、ミートソースが家庭で美味しく作れるなんて
思ってなかったです。
でも、作ってみたら美味しくって、売ってる缶詰のソースとかより
美味しいんじゃないか?って自画自賛デス。
ナツメグを入れたら美味しいんですね!! やってみます。
ちょっと甘みが必要かと思って、砂糖を入れちゃいましたが
ケチャップとかにしたほうが良かったのかな~?なんて今さら・・・。
手作りミートソースは各ご家庭の味があるんでしょうね~。
次回はナツメグを入れてチャレンジです!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chikyuniyasashiku.blog25.fc2.com/tb.php/103-7d169ab7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。