スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

布ナプキンのすすめ・・・その1 

私がエコ生活に取り組むきっかけのひとつでもある布ナプキン。
今日はそれについてのお話です。

私は元々、生理痛がひどく、これを何とか改善したいと思い、色々調べていました。
その時に、布ナプキンのことを知り、「使ってみようかな~、でも量も多いし、布だと便りなさそうだし・・・」とためらうこと1か月
その話を友人にしたら、「使ってるよ、そんなに問題ないよ~、しかも快適♪」と何とも楽しげなお言葉。
そして、こんなかわいい布ナプ買ったよ~と、写メール。
ますます興味がわいてきた私は、ついに購入したのでありました


ケミカルナプキン(使い捨てナプキン)について・・・。
これらは、石油系の素材から作られています。
表面には、漂白したレーヨンやポリエステル、ポリプロピレンが使われており、内部には綿状パルプや高分子吸収材、ポリマー等の吸収促進剤、消臭のための香料などが使われています。
そう、これらの化学物質の塊でできているケミカルナプキンの安全性は、確かめられていないまま、今まで使われてきているのです。

また、塩素漂白する際に、ダイオキシンが発生しているのではないかと言われています。
タンポンやナプキンの残留ダイオキシンを調べたところ、微量のダイオキシンが検出されたという報告もあります。

このダイオキシン、微量でも強い毒性があり、最近注目されているのが生殖毒性とのこと。
そのホルモン撹乱作用が、子宮内膜症、流産、死産などを引き起こしているのではないかと言われています。
アメリカやドイツでの研究結果によると、「子宮内膜症の患者は、ダイオキシン類と同様の毒性を持つポリ塩化ビフェール類の体内濃度が高い」と発表されています。

この内容は、「ひろがれひろがれエコ・ナプキン」 著・角張光子 出版社・地湧社から出版されている本に詳細がありますので、ご興味のある方は、図書館ででも・・・。
ちなみに私は、図書館です・・・
買えよ・・・って?

12-5book.jpg

ケミカルナプキンが、何らかの形で、女性の体に影響を与えていることもゼロではないと言えそうです。

布ナプキンのすすめ・・・その2へ続きます
文章ばかりで、読むのも疲れてくると思いますので・・・、今日はこの辺で・・・


↓ランキングに参加しています。ポチっと・・・ご協力、よろしくお願いします☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chikyuniyasashiku.blog25.fc2.com/tb.php/135-18c34914

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。