スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は野菜について・・・ 

今日は、安全な食品を取り扱うところから1週間に1度食材が配達される日でした。
いつも必ず注文するのは、4品以上入っていて900円という無農薬野菜のセットと卵、牛乳です。
今日届いたお野菜は、コチラ。

6-3yasai.jpg


写真では、サニーレタスが1つしか写っていませんが、2つ入っていましたよ。(食べきれないので、お友達に貰ってもらいました。)
水菜、ほうれんそう、ねぎ、小松菜、カブ、サニーレタス×2の7品も入っていました

今日は、カブと言えば定番?!の油揚げとの煮物にしました。
煮物ってほっこりして良いな~、と今でこそ思いますが・・・、歳のせいでしょうか、若い頃は野菜の煮物が良いなんて全く思わなかったです。

カブ
分類:アブラナ科アブラナ属 / 旬:10月~11月にかけて

選び方:白くてつやのあるもの、葉が新鮮でみずみずしく枯れていないもの、根に黒ずみやひび割れがあるものや茎がやわらかいものは古いので避ける。

保存方法:1.葉を切り別々に保存。(付けたままにしておくと、水分が葉にいき、スが入る原因になる) 2.根は水分の蒸発が激しいので、乾燥しないようにビニール袋などに入れて冷蔵庫の野菜室へ。

kabu.jpg


秋冬が本来の旬なのですが、1年中出回っています。
カブの葉っぱには、根(カブ)よりも多くの栄養分が含まれているので、葉も食べましょう。
葉は緑黄色野菜で、根は淡色野菜です。
カロテン、ビタミンC、カルシウムや、貧血予防の鉄、葉酸、骨の健康維持に有効なビタミンKなど多くの栄養を含みます。
葉は油を使って調理したり、お肉の脂肪分と組み合わせると、β-カロテンが効率よく摂取できます。
根は下ゆですると、水溶性のビタミンが失われるので、直接調理したほうが良いです。(大根ほどアクはないので、下ゆでしなくても味に問題はありません)

胃腸を温める天然の消化薬です。冷えからくる腹痛にはカブの根をどうぞ。

実は私、ハーブの勉強をする前は、野菜ソムリエの勉強をしてました。
こちらは、「ジュニアベジタブル&フルーツマイスター」の授業とテストしか受けてませんので、初級で止まってますが・・・
お野菜の勉強をしたあと、ステップアップしようか悩んでいたときにハーブと出会い、そちらへはまっていったのです。
というわけで、野菜のことも忘れないように・・・と今日は野菜を登場させてみました

スポンサーサイト

コメント

おいしそうに見えるね

そして、実際おいしいんだろうね。
野菜とか毎日食べるのに深く考えず買うことが多いから、「野菜ソムリエ」とかすごいね。

そうそう、煮物ね。ひじきの煮物、とか、こどものころ、「オエ~」だったものがおいしいよね。年だよ、年v-8

chig さま

やっぱり年のせいですよね~v-12
煮物は美味しく感じ、揚げ物は胸焼けがするようになり・・・、昔、串カツをめいいっぱい食べてたことがウソのよう・・・v-406

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chikyuniyasashiku.blog25.fc2.com/tb.php/17-152caa20

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。